臨時司法制度調査会(読み)りんじしほうせいどちょうさかい

世界大百科事典 第2版の解説

りんじしほうせいどちょうさかい【臨時司法制度調査会】

臨時司法制度調査会設置法(1962公布)により,1962年5月内閣に設けられた審議会で,法曹一元制度(弁護士など裁判官以外の法律関係職務に従事した者から裁判官を任命する制度)と裁判官,検察官の任用・給与制度を中心とした司法制度全般に関し,緊急に必要な基本的事項につき調査し,64年8月具体的な施策の提言を盛り込んだ意見書を提出した。会長は我妻栄。 意見書は,法曹一元について,〈これが円滑に実現されるならば,日本においても一つの望ましい制度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android