コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我妻栄 わがつまさかえ

6件 の用語解説(我妻栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

我妻栄
わがつまさかえ

[生]1897.4.1. 米沢
[没]1973.10.21. 熱海
民法学者。 1920年東京大学法学部卒業後,同大学法学部助手となり鳩山秀夫について民法を専攻,22年助教授。 23~24年ヨーロッパアメリカに留学,帰朝後の 27年東京大学教授となり,57年退官,東京大学名誉教授

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

わがつま‐さかえ【我妻栄】

[1897~1973]民法学者。山形の生まれ。東大教授。民法の体系的な解釈を行い、学界や実務に大きな影響を与えた。文化勲章受章。著「民法講義」「近代法における債権の優越的地位」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

我妻栄【わがつまさかえ】

民法学者。山形県出身。1927年―1957年東大教授。退官後,法務省特別顧問として立法改正などに貢献。第2次大戦後の民法(特に家族法)改正にも参画。民法の解釈学,その体系化にきわめて大きな貢献をし,また資本主義の発展に伴う私法の推転という社会学的・歴史学的視角を法律学に導入した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

わがつまさかえ【我妻栄】

1897‐1973(明治30‐昭和48)
民法学者。米沢市生れ。1920年東京帝国大学法学部を卒業して同助教授となり,欧米に留学の後,27年教授となった。戦後の民法改正事業に参画し,定年により東京大学を退職(1957)した後も,法務省特別顧問として民法の改正をはじめとする各種の立法事業において中心的な役割を果たし,また多数の論著を発表するなど,精力的な活動を続けた。64年文化勲章受章。 大正中期ころまでの民法学界を支配した,ドイツ民法学を範とする精密な解釈法学を受け継ぎつつ,資本主義の発達に伴う私法の変遷という,当時としてきわめて斬新な社会学的視角を法律学の研究に導入し,また,判例を重視する研究方法を採用して日本社会の現実への観察を怠らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わがつまさかえ【我妻栄】

1897~1973) 民法学者。山形県生まれ。東大教授。精緻な法概念と形式論理を用いて現行法の体系のうちに判例を巧みに取り込み、法曹界に多大な影響を与えた。主著「民法講義」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

我妻栄
わがつまさかえ
(1897―1973)

民法学者。山形県米沢(よねざわ)市生まれ。1920年(大正9)東京帝国大学法学部卒業。同大学助教授を経て27年(昭和2)教授となる。49年(昭和24)日本学士院会員、59年東京大学名誉教授。この間、ドイツ法に関する研究や判例研究を行い、さらに民法の体系的解説書を発表して、学界や実務に大きな影響を与え、64年文化勲章を授与された。そのほか、日本私法学会理事長、日本学術会議会員、法制審議会委員としても活躍。著書・論文は『民法講義』七巻、『民法研究』13巻など多数ある。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

我妻栄の関連キーワード白鳥庫吉末弘厳太郎保科孝一鳩山秀夫山形県米沢市大町山形県米沢市城南山形県米沢市東山形県米沢市門東町三潴信三我妻榮

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

我妻栄の関連情報