コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我妻栄 わがつまさかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

我妻栄
わがつまさかえ

[生]1897.4.1. 米沢
[没]1973.10.21. 熱海
民法学者。 1920年東京大学法学部卒業後,同大学法学部助手となり鳩山秀夫について民法を専攻,22年助教授。 23~24年ヨーロッパ,アメリカに留学,帰朝後の 27年東京大学教授となり,57年退官,東京大学名誉教授。この間各種政府委員会委員を歴任して重要な立法作業に参画,特に第2次世界大戦後の混乱期に貴族院議員として新憲法の成立に努め,民法,親族相続編改正作業の中心として活躍した。 56年以降没年まで法務省特別顧問。綿密な判例研究と鋭い分析で大きな業績を残した。また大内兵衛宮沢俊義らとともに憲法問題研究会に加わり,平和憲法擁護の主張をし,六十年安保問題では学友の岸信介を批判するなど,政治活動にも学者として一定の役割をになった。 64年には文化勲章を受けた。主著『民法講義』 (5巻,1930~72) ,『近代法における債権の優越的地位』 (53) ,『民法研究』 (10巻,70) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わがつま‐さかえ【我妻栄】

[1897~1973]民法学者。山形の生まれ。東大教授。民法の体系的な解釈を行い、学界や実務に大きな影響を与えた。文化勲章受章。著「民法講義」「近代法における債権の優越的地位」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

我妻栄【わがつまさかえ】

民法学者。山形県出身。1927年―1957年東大教授。退官後,法務省特別顧問として立法改正などに貢献。第2次大戦後の民法(特に家族法)改正にも参画。民法の解釈学,その体系化にきわめて大きな貢献をし,また資本主義の発展に伴う私法の推転という社会学的・歴史学的視角を法律学に導入した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わがつまさかえ【我妻栄】

1897‐1973(明治30‐昭和48)
民法学者。米沢市生れ。1920年東京帝国大学法学部を卒業して同助教授となり,欧米に留学の後,27年教授となった。戦後の民法改正事業に参画し,定年により東京大学を退職(1957)した後も,法務省特別顧問として民法の改正をはじめとする各種の立法事業において中心的な役割を果たし,また多数の論著を発表するなど,精力的な活動を続けた。64年文化勲章受章。 大正中期ころまでの民法学界を支配した,ドイツ民法学を範とする精密な解釈法学を受け継ぎつつ,資本主義の発達に伴う私法の変遷という,当時としてきわめて斬新な社会学的視角を法律学の研究に導入し,また,判例を重視する研究方法を採用して日本社会の現実への観察を怠らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わがつまさかえ【我妻栄】

1897~1973) 民法学者。山形県生まれ。東大教授。精緻な法概念と形式論理を用いて現行法の体系のうちに判例を巧みに取り込み、法曹界に多大な影響を与えた。主著「民法講義」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

我妻栄
わがつまさかえ
(1897―1973)

民法学者。山形県米沢(よねざわ)市生まれ。1920年(大正9)東京帝国大学法学部卒業。同大学助教授を経て27年(昭和2)教授となる。49年(昭和24)日本学士院会員、59年東京大学名誉教授。この間、ドイツ法に関する研究や判例研究を行い、さらに民法の体系的解説書を発表して、学界や実務に大きな影響を与え、64年文化勲章を授与された。そのほか、日本私法学会理事長、日本学術会議会員、法制審議会委員としても活躍。著書・論文は『民法講義』七巻、『民法研究』13巻など多数ある。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

我妻栄の関連キーワード秋山清[各個指定]芸能部門神代辰巳沢渡朔レービットポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文長田弘オーツ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

我妻栄の関連情報