コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自作農創設政策 じさくのうそうせつせいさく

1件 の用語解説(自作農創設政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自作農創設政策
じさくのうそうせつせいさく

第1次世界大戦後,小作争議の続発に対処するために政府が打出した小作農対策。 1920年,当時の農商務省小作制度調査委員会が設置され,自作農創設が種々検討され,26年自作農創設維持補助規則が公布され実行に移された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自作農創設政策の関連キーワード小作争議世界大戦争議福祉社会小作調停法サローBIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone