コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自作農創設政策 じさくのうそうせつせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自作農創設政策
じさくのうそうせつせいさく

第1次世界大戦後,小作争議の続発に対処するために政府が打出した小作農対策。 1920年,当時の農商務省に小作制度調査委員会が設置され,自作農創設が種々検討され,26年自作農創設維持補助規則が公布され実行に移された。内容は政府が土地購入資金として小作農に長期,低利の資金を貸与し自作農化しようというもの。しかし,第2次世界大戦後の農地改革以前までの実績は,30万 ha,46万戸がこの恩恵を受けたにすぎなかった。 (→農地法 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自作農創設政策の関連キーワード戦後改革

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android