コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動触発海底水雷の敷設に関する条約 じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやくConvention relative to the laying of automatic submarine contact mines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動触発海底水雷の敷設に関する条約
じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく
Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

1907年 10月ハーグ平和会議で採択された条約。無繋維の自動触発機雷の使用禁止,および機雷を敷設した国は戦争終了後機雷を引上げるため施しうるすべての手段を尽さなければならないことなどを定める。後者については,湾岸戦争 (1991) 後のペルシア湾掃海に関して話題になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自動触発海底水雷の敷設に関する条約の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android