コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動触発海底水雷の敷設に関する条約 じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

1件 の用語解説(自動触発海底水雷の敷設に関する条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動触発海底水雷の敷設に関する条約
じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく
Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

1907年 10月ハーグ平和会議で採択された条約。無繋維の自動触発機雷の使用禁止,および機雷を敷設した国は戦争終了後機雷を引上げるため施しうるすべての手段を尽さなければならないことなどを定める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動触発海底水雷の敷設に関する条約の関連キーワード常設仲裁裁判所中立法規ハーグ平和会議ハーグ密使事件ベオグラード宣言ハーグ平和アピール万国平和会議平和会議ハーグ陸戦法規ハーグ陸戦条約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone