コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動触発海底水雷の敷設に関する条約 じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやくConvention relative to the laying of automatic submarine contact mines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動触発海底水雷の敷設に関する条約
じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく
Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

1907年 10月ハーグ平和会議で採択された条約。無繋維の自動触発機雷の使用禁止,および機雷を敷設した国は戦争終了後機雷を引上げるため施しうるすべての手段を尽さなければならないことなどを定める。後者については,湾岸戦争 (1991) 後のペルシア湾掃海に関して話題になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自動触発海底水雷の敷設に関する条約の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門複成片麻岩内褶曲カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android