自動触発海底水雷の敷設に関する条約(読み)じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく(英語表記)Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動触発海底水雷の敷設に関する条約
じどうしょくはつかいていすいらいのふせつにかんするじょうやく
Convention relative to the laying of automatic submarine contact mines

1907年 10月ハーグ平和会議で採択された条約。無繋維の自動触発機雷の使用禁止,および機雷を敷設した国は戦争終了後機雷を引上げるため施しうるすべての手段を尽さなければならないことなどを定める。後者については,湾岸戦争 (1991) 後のペルシア湾掃海に関して話題になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android