コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車保険の等級別料率

1件 の用語解説(自動車保険の等級別料率の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

自動車保険の等級別料率

保険をつけている自動車の台数が9台以下の契約者(ノンフリート契約者)およびドライバー保険の契約者の自動車保険契約において、前契約の有無および前契約における料率の等級や事故の有無に応じて等級を決め、これに対応する料率を適用する制度です。等級は、1等級(50%割増)から16等級(60%割引)まであります。初めて自動車保険を契約する場合の等級は6等級になり、1年間無事故の場合には翌年の継続契約が1等級上がり、7等級に進行します。有事故の場合には事故1件につき翌年の契約が3等級下がります。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自動車保険の等級別料率の関連キーワード自動車保険任意保険全車両一括付保特約積立型自動車保険任意自動車保険ノンフリート契約月掛の自動車保険ノンフリート契約者被保険自動車の入替における自動担保特約自動車保険の優良割引

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone