コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車専用船 じどうしゃせんようせんcar carrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動車専用船
じどうしゃせんようせん
car carrier

商品としての自動車の輸送を専門とする特殊貨物船カーフェリーとは異なる。自動車の大量輸送時代を迎えて,輸送単価が安く,かつ十分なスペースをもつ専用船が出現した。日本で最初の外航自動車専用船は,1965年北アメリカ航路に就航した『追浜丸』 (1万 1000総t,1万 2000台積,ばら積兼用) 。内航用と外航用とに区分され,日本の場合,内航用は北海道向け輸送が多く,また外航用は特にアメリカ向け輸出に活躍している。日本からの自動車輸出の増大につれて自動車専用船も増加した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

自動車専用船【じどうしゃせんようせん】

自動車の海外市場向け大量輸送を目的とする専用船。自動車を自走で積載,陸揚げするロールオン・ロールオフ設備,カー・エレベーター,ターンテーブル,多層の格納甲板などを備えるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

自動車専用船の関連情報