コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊貨物船 とくしゅかもつせんspecial cargo ship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊貨物船
とくしゅかもつせん
special cargo ship

特定貨物の輸送を専業とする特殊構造の貨物船コンテナ船,ラッシュ船,冷蔵貨物専用船,液体専用船,ばら積貨物船,木材運搬船,バナナなどの果物運搬船,プラント資材などの重量物運搬船自動車専用船,家畜専用船などがある。液体専用船は船体そのものをタンクとして船倉内に直接積むタンカーと船倉内に据付けられたタンクに積むタンク船に分れ,後者には化学製品専用船や油タンク船,特殊液体専用船などがある。なお液化石油ガス (LPG) 船,液化天然ガス (LNG) 船などにもタンク船がある。これらの特殊貨物船は,積込む貨物によって上下する重心を調整することや,粒状または液体貨物の船の動揺による倉内移動を防止すること,あるいは倉内荷ならしの自動装置,タンカーのポンプやコンベヤ装置などが,船の設計上工夫されている。また船の大型化,高速化,機械化,自動化が進んでいるのも大きな特徴である。これらの船は機関が船尾にあるので外観上見分けやすい。海上貨物の種類の多様化と荷動きの増大に,船舶の技術進歩と傭船者企業の大規模化が結びついて各種の特殊貨物船が現れ,普通貨物船市場に対して,これら特殊貨物船による特殊貨物船市場が分化し,その比重が高くなる現象がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特殊貨物船
とくしゅかもつせん

機械類や電気製品、日用品などの一般貨物を荷作りして輸送する普通貨物船に対し、油類や鉱石、穀物などの特定の貨物を、荷造りせずにそのままの姿で専用に運ぶ船を特殊貨物船あるいは専用船とよぶ。石炭専用船や鉱石専用船、セメント運搬船、穀類運搬船などのばら積み貨物運搬船。オイルタンカーやケミカルタンカー、液化ガス運搬船、天然ガス運搬船などの液体運搬船。冷凍運搬船や食肉運搬船、果実運搬船などの冷蔵貨物船。そのほか木材運搬船、自動車運搬船、重量物運搬船、ラッシュ船(貨物を積んだままの艀(はしけ)をそのまま搭載する船)、家畜運搬船など種々のものがある。このような特殊貨物船は運送する貨物の種類および航路も決まっているので、船をその航路や港湾事情に適するような船体構造につくり、荷役しやすいような設備を整えることができる。したがって普通貨物船に比べて有利な面があり、最近ではこのような専用船が急増している。[岩井 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

特殊貨物船の関連キーワード液化天然ガス運搬船チップ専用船原子力船海運むつ商船

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android