コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自変成作用 じへんせいさようautometamorphism

岩石学辞典の解説

自変成作用

火成岩がそれ自身の揮発性成分の活動による変成作用.火成岩の貫入岩体が固結する末期には,マグマ中の水などの揮発性成分が残液に濃縮し,すでに固化した岩石に作用して低温で安定な鉱物の集合体に変化する作用である[Sederholm : 1916, Sargent : 1917].このような現象はほとんどの火成岩で広く行われているが,原因が岩石自体によるのか周囲の影響によるのかは外部の要因の検討が必要である.自気成作用(autopneumatolysis)も同義.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

自変成作用の関連キーワードプロトメタモルフィックソーシュライト化作用オートミグマタイト内因的変成作用曹長石化作用スピライト群オートリシスミンヴァー岩ヘロン岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android