自家ワクチン療法(読み)じかワクチンりょうほう

百科事典マイペディアの解説

自家ワクチン療法【じかワクチンりょうほう】

自己ワクチン療法とも。細菌感染を受けた患者から原因菌を分離し,培養した後,殺菌したものをワクチンとして同一患者に注射する治療法。普通,大腸菌,淋(りん)菌等の慢性の感染症に適用。病原体に対する特異的抗体の産生による治療効果を期待。各種抗生剤の登場以来,このワクチン療法の有効性が実証されず,ほとんど行われなくなっている。
→関連項目ワクチン療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android