自度(読み)ジド

デジタル大辞泉の解説

じ‐ど【自度】

仏語。利他の願を起こさないで、ただ自利の悟りのために修行すること。声聞(しょうもん)・縁覚(えんがく)二乗の智慧。
私度(しど)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じど【自度】

自己の成仏のみを求める声聞しようもん・縁覚えんがくの修行。自調自度。
私度しど」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ど【自度】

〘名〙 仏語
利他の願を起こさないで、ただ自利悟りのために修行すること。自調・自浄・自度の三自の一つで、戒・定・慧の三学に配すれば、慧学に当たり、声聞縁覚二乗の智慧
※願文(785)「若得五神道時、必不自度。不正位。不一切」 〔大智度論‐六一〕
霊異記(810‐824)下「牟婁(むろ)の沙彌(さみ)は、榎本の氏なり。自度にして名無し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自度の言及

【私度僧】より

…律令時代の記録にしばしばあらわれる私度僧の摘発は,過酷な税制から逃れようとする人民の抵抗を物語る。《日本霊異記》に登場する〈自度の沙弥(しやみ)〉という場合の自度は,師主に就かないでみずから剃髪・出家したものを指し,私度僧とは少し概念を異にする。【中井 真孝】。…

※「自度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android