コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然毒による中毒 しぜんどくによるちゅうどく

1件 の用語解説(自然毒による中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しぜんどくによるちゅうどく【自然毒による中毒】

 最近のアウトドア志向もあって、キノコや山菜採りでまちがって有毒植物を食べたり、毒ヘビ・ハチ刺されで、毒素が体内に入るなどの自然毒による中毒は、一向に減っていません。
 キノコ、ジャガイモ、銀杏(ぎんなん)、ふぐ中毒食中毒(しょくちゅうどく)(「キノコ中毒」)を、ハチ刺されは「ハチ刺され」を参照してください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

自然毒による中毒の関連キーワードフェードアウトアウトライン機能キャラバンアウトドアアウトドアスポーツアウトドアライフサイドアウトハンドアウトアウトドアリビングアウトドアリサーチ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone