コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きのこ中毒 きのこちゅうどく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きのこ中毒
きのこちゅうどく

毒キノコの中毒で,症状は次のように大別できる。 (1) 胃腸型 食後 30分~1時間後に突然起る嘔吐,下痢,腹痛,虚脱など。 (2) コレラ型 食後約 10時間を経過してから起る嘔吐,激しい下痢,米のとぎ汁様の排便,虚脱,昏睡など。 (3) 溶血型 黄疸,チアノーゼ,血色素尿など。 (4) 神経型 毒素が中枢神経に作用して,食後1~2時間で次のような症状が出てくる。散瞳,狂騒状態,筋強直,四肢末端の紅潮,意識混濁,酩酊状態,歌い踊るなど。治療としては,嘔吐させ,胃洗浄を行い,下剤を投与し,炭末などの吸着剤を使用する。ムスカリン中毒 (ドクスギタケ,テングダケ) にはアトロピンを用いる。心臓衰弱には強心剤,脱水には輸液,麻痺型にはストリキニーネ,興奮型には鎮静剤を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android