コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由法学 じゆうほうがく

2件 の用語解説(自由法学の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じゆうほうがく【自由法学】

制定法の形式論理的解釈を排し、また法源を成文法に限らず社会慣習や文化規範などにも求め、社会の実情に合った裁判を行うべきであるとする法理論。概念法学に対する批判として、一九世紀末から二〇世紀初頭にかけドイツなどで唱えられた。 → 概念法学

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由法学
じゆうほうがく

自由法論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由法学の関連キーワード制定法法度評定法定法人定法禅定法皇制定法主義不定法都市火災危険度算定法ウェールズ制定法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone