コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由法学 じゆうほうがく

大辞林 第三版の解説

じゆうほうがく【自由法学】

制定法の形式論理的解釈を排し、また法源を成文法に限らず社会慣習や文化規範などにも求め、社会の実情に合った裁判を行うべきであるとする法理論。概念法学に対する批判として、一九世紀末から二〇世紀初頭にかけドイツなどで唱えられた。 → 概念法学

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由法学
じゆうほうがく

自由法論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自由法学の関連キーワードエールリヒ概念法学成文法制定法

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由法学の関連情報