自由法論(読み)じゆうほうろん(英語表記)Freirechtslehre

  • じゆうほうろん〔ジイウハフロン〕
  • ドイツ
  • 自由法論 Freirechtslehre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

19世紀末から 20世紀初頭にかけて,ドイツおよびフランス主張された一種の法学改革論。制定法の厳格な解釈,適用に専念していた 19世紀の支配的な法学を「概念法学」として批判し,判決の具体的妥当性を保障するために,裁判官の法創造の役割を強調した。自由法論という呼称は H.カントロビッチが名づけたものであるが,その自由とは制定法からの自由を意味する。この理論のにない手としては,ドイツの R.イエーリング,フランスの F.ジェニーオーストリアの E.エールリヒらが有名である。伝統的法学の硬化に反省の機会を与え,法社会学への機運を醸成する重要な役割を果したが,他方では感情法学といった批判も加えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

自由法運動とも。概念法学や法律の形式主義に反対する法思想。19世紀末―20世紀初めに流行した。成文法に固執せず,社会のなかで流動する〈生きた法〉の探究,裁判官の法創造機能を強調する。概念法学の空虚な形式論理至上主義を反省させ法社会学への道を開く。一方〈感情法学〉と批評されたように法概念の厳密性を失い,解釈が主観的になった。フランスのF.ジェニー,オーストリアのE.エールリヒ,ドイツのH.カントロビチが代表。
→関連項目イェーリングサレイユ法解釈学牧野英一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

20世紀への世紀転換期に,ドイツやフランスで興った従来の概念法学的,法実証主義的傾向に対して,科学主義に即応して法曹の法解釈に自由な創造力を与えようとした,法律学の革新運動。自由法運動Freirechtsbewegungともいう。もっとも典型的にあらわれたのはドイツである。ここでは,中世以来の普通法学を母胎にして,法秩序の無欠缺(むけんけつ)性,論理的完結性,体系的整序性を前提に,精緻な概念構成と厳格な形式論理による,いわゆる概念法学的思考がピークに達していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の自由法論の言及

【慣習法】より

…ところが19世紀後半における資本主義の飛躍的発達とこれにともなう社会問題の激化を背景に,同世紀末から20世紀初めにかけ慣習法の再認識が行われる。法を国家権力の単なる命令としてとらえず,共同の意識に基礎づけようとするギールケらの立場や,国家法から独立している自由な法によって制定法の不備や欠缺(けんけつ)を埋めなければならないとする自由法運動(自由法論)がそれである。こうした動きに対応して,ドイツ民法典(1900)は,第1草案(1887)が慣習法を基本的に否認しようとしていたのに反し,慣習法について明文の規定をおかず,学説にこれを委ねた。…

※「自由法論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android