コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由自治体 じゆうじちたいfree commune

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由自治体
じゆうじちたい
free commune

地方分権化を促進するといわれる新しい地方自治制度。 1980年代,スウェーデンに始り,北欧諸国に広まった。中央政府権限地方自治体に委譲したり,中央の規制を緩和したりする動きの一つ。自由自治体 (フリー・コミューン) になることを中央政府から認められた自治体は,補助金を使途別でなく一括交付される。しかも福祉,教育,土地利用,住宅などの分野は規制緩和によって自由自治体の意思で独自の運営ができる。 93年 10月,臨時行政改革推進審議会 (第三次行革審) の答申で打出されたパイロット自治体制度のモデルといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android