コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自衛隊の災害派遣

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自衛隊の災害派遣

防衛省によると、雲仙・普賢岳の噴火災害では大火砕流があった1991年6月3日から95年12月16日までの4年半に延べ20万7300人が派遣された。期間は統計が残る77年度以降で最長。阪神大震災では3カ月間で延べ225万4700人が派遣され、過去最大規模に。東日本大震災では6月1日現在で延べ790万人以上となり、すでに記録が塗り替えられた。

(2011-06-03 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自衛隊の災害派遣の関連情報