自衛隊生徒(読み)ジエイタイセイト

デジタル大辞泉の解説

じえいたい‐せいと〔ジヱイタイ‐〕【自衛隊生徒】

もと、技術職の自衛官を養成した制度。17歳未満の中学卒男子を採用し、修学年限は4年。給与も支給される。入学と同時に指定の高校の通信制課程に入学し、3年終了時には高校卒の資格も取れる。入学すると三等陸士海士空士、終了時には三等陸曹海曹空曹に任命された。
[補説]海上自衛隊航空自衛隊平成18年度、陸上自衛隊は平成20年度採用分をもって募集を終了。平成22年度から上自衛隊高等工科学校生徒として募集している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自衛隊生徒

修学年数は4年。入隊と同時に3等陸・海・空士に任命され、4年間に2士、1士、士長と昇任。修了時には3等陸・海・空曹に昇任する。特別職国家公務員の「自衛官」として教育・訓練を受けるが、日本有事でも戦闘行為に参加しない。初任給は約15万円(4月実績)。卒業生は2万人を超える。

(2006-09-15 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android