コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契約の箱 けいやくのはこ

百科事典マイペディアの解説

契約の箱【けいやくのはこ】

古代イスラエル人の祭儀用具,英語でArk of the Covenant。長方形の木製箱で,運搬のための竿が付いていた。伝承によれば十誡を刻んだ2枚の石板が収められ,蓋の上に一対の天使ケルビムの像が置かれていたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいやくのはこ【契約の箱 Ark of the Covenant】

古代イスラエル人のシナイ時代,土地取得時代,およびダビデ時代の初期に関する旧約聖書中の記事の中で言及されている,運搬可能な木製の長方形の箱。祭儀的伝承によれば,その中に十誡を刻んだ2枚の石板が納められていた。エルサレム神殿では,その上に1対のケルビムが置かれて神の臨在を象徴していた。元来これがイスラエル人の移動聖所であったか,カナン人の祭儀に由来するかは不詳である。【並木 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約の箱
けいやくのはこ

契約の櫃」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

契約の箱
けいやくのはこ
Ark of the Covenant

古代イスラエルにおいて、その初期に、モーセの十戒(じっかい)が刻まれた2枚の石板が納められていたという木製の箱のこと。十戒は、神ヤーウェとイスラエルの民の間で結ばれた契約に基づく掟(おきて)であったので、この箱が契約の箱(櫃(ひつ))、または律法の箱とよばれる。箱は長さ1.3メートル、幅と深さ約79センチメートルの長方形で、金の延べ板で内外ともに覆われていたという。イスラエルの民が約束の地カナーンに進入する際(前13世紀ごろ)、祭司がこの箱を担いで進んだ。イスラエルの民のカナーン定住後、ペリシテ人により一時この箱が持ち去られたが、ダビデがこれを取り返し、続くソロモンの時代に、エルサレム神殿が建立されるに及んで、この箱は神殿内の至聖所に安置された。その後の契約の箱の行方は、『旧約聖書』に言及がないために不明である。宗教史的には、この箱は元来、ヤーウェの玉座、すなわちヤーウェの臨在の象徴であったろうともいわれる。なお一部俗説に、日本の神輿(みこし)との連関を説くものがあるが、歴史的には証明の限りではない。[月本昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

契約の箱の関連キーワードヤーウェソロモン至聖所聖櫃

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android