コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至高聖所(アバトーン)

デジタル大辞泉プラスの解説

至高聖所(アバトーン)

松村栄子の小説。1991年発表。同年、第106回芥川賞受賞。至高聖所とは古代ギリシアにあったとされる夢治療の場のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

アバトーン【至高聖所】

松村栄子の小説。とある学園都市を舞台に、寮でルームメイトになった二人の女子大学生のキャンパスライフを描く。平成3年(1991)、雑誌「海燕」に掲載。第106回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

至高聖所(アバトーン)の関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android