コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至高聖所(アバトーン)

デジタル大辞泉プラスの解説

至高聖所(アバトーン)

松村栄子の小説。1991年発表。同年、第106回芥川賞受賞。至高聖所とは古代ギリシアにあったとされる夢治療の場のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

アバトーン【至高聖所】

松村栄子の小説。とある学園都市を舞台に、寮でルームメイトになった二人の女子大学生のキャンパスライフを描く。平成3年(1991)、雑誌「海燕」に掲載。第106回芥川賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

至高聖所(アバトーン)の関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android