コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村栄子 マツムラエイコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村栄子 まつむら-えいこ

1961- 平成時代の小説家。
昭和36年7月3日生まれ。出版社,コンピューター会社勤務をへて,文筆生活にはいる。平成2年「僕はかぐや姫」で海燕新人文学賞。4年大学の学生寮を舞台にアンバランスな年ごろの女性の心理をえがいた「至高聖所(アバトーン)」で芥川賞をうけた。静岡県出身。筑波大卒。本名は朝比奈栄子。著作はほかに「僕はかぐや姫」「Talking アスカ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松村栄子の関連キーワード松村詩人砂漠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android