コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

致平親王 むねひらしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

致平親王 むねひらしんのう

951-1041 平安時代中期,村上天皇の第3皇子。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。母は藤原正妃(せいひ)。兵部卿(ひょうぶきょう)。天元4年園城(おんじょう)寺で出家し,明王院にはいった。明王院宮,法三宮と称される。円満院の開祖。長久2年2月20日死去。91歳。法名は悟円。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

致平親王の関連キーワード源成信

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android