臼井哲夫(読み)うすい てつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

臼井哲夫 うすい-てつお

1863-1935 明治-大正時代の政治家。
文久3年1月生まれ。長崎県会議員をへて明治31年衆議院議員(当選6回)。42年大同倶楽部(クラブ)に所属していたとき,日糖疑獄事件にかかわり有罪となる。上野(こうずけ)鉄道,吾妻川電力の社長もつとめた。昭和10年6月29日死去。73歳。肥前島原(長崎県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android