コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興慶宮公園 こうけいきゅうこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうけいきゅうこうえん【興慶宮公園】

中国の陝西(せんせい)省の省都・西安(シーアン)東郊外にある遺跡公園。西安は、かつての唐の都の長安で、玄宗皇帝の時代(8世紀前半)、ここには政治の中心となり、玄宗と楊貴妃が居住した長安城の興慶宮があった。当時の宮殿は、北京の故宮の2倍(およそ135ha)の広大なもので、楼閣や湖、林や花園のある庭園があった。この宮殿には李白などの文人が招かれて詩を詠んだ。遣唐使として唐にわたり高官となった阿倍仲麻呂(698~770年)も訪れている。現在、この庭園にあった花萼相輝楼、沈香亭などが復元されて公園となっている。園内には阿倍仲麻呂の留学1200周年を記念して、1979年に建てられた記念碑もある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android