舌短鐙(読み)シタミジカアブミ

精選版 日本国語大辞典の解説

したみじか‐あぶみ【舌短鐙】

〘名〙 馬具の鐙の一種。舌の短いもの。舌長鐙(したながあぶみ)に対していう。半舌鐙(はんしたあぶみ)
※明月記‐承元元年(1207)四月一三日「雑色六人、取物四人、左衛門佐家季、〈舌短鐙、泥障伏輪、大和鞍〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android