コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和鞍/倭鞍 ヤマトグラ

デジタル大辞泉の解説

やまと‐ぐら【大×鞍/××鞍】

騎乗用の馬具の一。唐鞍(からくら)の皆具(かいぐ)に対して、和様の皆具をいう。中心となる鞍橋(くらぼね)は、前輪後輪(しずわ)の内側にそれぞれ切り込みを設けて居木(いぎ)先をはめこみ、鐙(あぶみ)の袋には舌をつけて用いる。下鞍(したぐら)を2枚重ねにして、装束の汚れをふせぐ障泥(あおり)を加え、糸尻繋(しりがい)には総(ふさ)などをつけて装備し、布手綱(たづな)差し縄を合わせて使用するのを特色とする。→唐鞍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大和鞍/倭鞍の関連キーワード倭鞍・和鞍障泥洋鞍和鞍

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android