コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原邦綱 ふじわらの くにつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原邦綱 ふじわらの-くにつな

1122-1181 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
保安(ほうあん)3年生まれ。右馬権助(ごんのすけ)藤原盛国の子。摂関家藤原忠通(ただみち)・基実(もとざね)父子の家司(けいし)。伊予(いよ),播磨(はりま)などの国守を歴任して富をたくわえる。のち平清盛とむすび,娘たちを六条・高倉・安徳天皇の乳母として権勢をふるった。福原遷都では新都造営役。権大納言,正二位にいたる。治承(じしょう)5年閏(うるう)2月23日死去。60歳。号は五条。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原邦綱

没年:養和1.閏2.23(1181.4.8)
生年:保安3(1122)
平安後期の公卿五条大納言と称された。右馬権助藤原盛国と藤原公長の娘の子。文章生蔵人雑色という低い身分だったが,関白藤原忠通に家司として仕え,周到な気配りで重用される。忠通死後はその息子の関白基実に仕え,蔵人頭,参議,右京大夫となる。その間,遠江権守をはじめとして壱岐,和泉,越後,伊予,播磨,周防の国守などを歴任し,財力を蓄える。仁安1(1166)年,基実の死に当たっては平清盛の娘で基実の妻盛子に広大な摂関家領の大半を相続させるようにはからい,自身は盛子の後見役となる。息子の清邦を清盛の猶子とし,財力を基盤に清盛の片腕として政界で活躍。治承1(1177)年正二位,権大納言に進む。同3年辞職。娘の大夫三位成子は六条天皇乳母,別当三位邦子は高倉天皇乳母,大納言典侍輔子は重衡の室で安徳天皇乳母,綱子は建礼門院の乳母となり,邸宅は皇居に用いられ,同4年の福原遷都にも携わった。養和1(1181)年出家,清盛と同月に死去。同病か。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのくにつな【藤原邦綱】

1122‐81(保安3‐養和1)
平安末期の公卿。父は北家庶流良門の末孫右馬権助盛国。蔵人所の雑色より身を起こし,中宮の宮司となって関白藤原忠通の養女呈子に仕え,さらに忠通の家司となり,一時は第一の近臣とうたわれた。その間,壱岐,和泉,越後,伊予,播磨の守を歴任して巨富を蓄え,1166年(仁安1)蔵人頭より参議に昇り,さらに累進して正二位権大納言に至った。一方,忠通の没後も引き続き摂政基実に仕えたが,とくにその室平盛子(清盛の女)の後見人となって清盛に親近し,また女の成子を六条天皇の,邦子を高倉天皇の,輔子を安徳天皇の乳母とし,3天皇の養育に当たった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原邦綱
ふじわらのくにつな
(1122―1181)

平安時代末期の貴族。父盛国は右馬権助(うまのごんのすけ)にとどまり、邦綱自身も1135年(保延1)の文章生(もんじょうしょう)が官歴の出発点である。貴族社会での家門には恵まれなかったが、諸国の国司や蔵人頭を歴任、1166年(仁安1)には参議となり公卿に列した。1177 年(治承1)に権大納言まで昇任している。摂関家の藤原忠通に家司(けいし)として重用されたが、平清盛とも関係は深く、1166年に忠通の長子であった基実が没した際、遺領を未亡人で清盛の女である盛子が相続したのは、邦綱の進言による。摂関家の側からは非難を浴びたが、清盛の信任は篤く、以後の活動は親平家の公卿としてのものである。女が高倉天皇や安徳天皇の乳母をつとめ、当時の天皇家主流にも接近していた。とくに1180年(治承4)の福原から平安京への還都に際しては、高倉の側近として、渋る清盛の説得にもあたっている。官人として有能であり、またその富裕さで人々から一目置かれたという。[松島周一]
『赤木志津子著「藤原邦綱考」(『摂関時代の諸相』所収・1988・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤原邦綱の関連キーワード五条内裏藤原邦子藤原輔子平清邦島津荘大善

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android