コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀坂峠 しがさかとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀坂峠
しがさかとうげ

埼玉県北西部小鹿野町と群馬県中里との境にある峠。標高 876m。秩父地方から神流 (かんな) 川上流部,十石峠を経て,長野県の佐久地方へ通じる。古くからよく利用され,第2次世界大戦後は峠の下に志賀坂トンネルが通じて自動車交通が開けた。国道 299号線が通る。峠付近は眺望にすぐれ,ハイキングコースとしてよく利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しがさか‐とうげ〔‐たうげ〕【志賀坂峠】

群馬県南部・埼玉県西部の県境にある峠。標高876メートル。昔から関東と信濃を結ぶ重要な道路で、現在は国道となっている。北東に二子山(標高1166メートル)、南方に両神(りょうかみ)山を望み、観光地・登山ルート

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀坂峠
しがさかとうげ

埼玉県西部にある峠。埼玉県秩父(ちちぶ)郡小鹿野(おがの)町と群馬県多野(たの)郡神流(かんな)町との県境にあり、関東と信濃(しなの)とを結ぶ往還として、昔からよく利用されていた。国道299号が走る。標高876メートル。1959年(昭和34)高度800メートルの所にトンネルが開通し、自動車によって越えられるようになった。北に二子(ふたご)山、南に両神(りょうかみ)山を望み、風景が美しいので、観光や登山に利用されている。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の志賀坂峠の言及

【小鹿野[町]】より

…中心集落の小鹿野は赤平川の谷口集落で,江戸時代には絹の取引が行われた市場町であった。志賀坂峠をこえて上州に通じる国道299号線沿いに町並みが発達し,西秩父の行政・商業の中心となっている。1970年代,電気部品,精密機器などの中小工場がふえ,一時的に人口減少に歯止めがかかったが,近年再び減少してきている。…

※「志賀坂峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone