コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞働き マイバタラキ

大辞林 第三版の解説

まいばたらき【舞働き】

能・狂言の構造単位(小段)の一。竜神や鬼などの示威・格闘を表現する部分。また、その動作。笛・小鼓・大鼓・太鼓ではやす。はたらき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舞働きの関連キーワード働き・活一向き毘沙門えびす働き音曲やす示威動作格闘小段

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android