コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞事 マイゴト

デジタル大辞泉の解説

まい‐ごと〔まひ‐〕【舞事】

舞(まい)2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まいごと【舞事】

能・狂言の用語。囃子所作からなる囃子事小段(しようだん)のうち,演者(立役(たちやく)・立方(たちかた))が台上で演ずる所作が,抽象的な形式舞踊であるものを舞という。能の舞事には,笛(能管)・小鼓・大鼓で奏する〈大小物(だいしようもの)〉と太鼓の入る〈太鼓物〉とがあるが,その両者を含めて,笛の基本の楽句である(じ)の種類によって分類されることが多い。すなわち,呂中干(りよちゆうかん)の地といわれる共用の地を用いる〈序ノ舞〉〈真(しん)ノ序ノ舞〉〈中ノ舞(ちゆうのまい)〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞(おとこまい)〉〈神舞(かみまい)〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞(はのまい)〉などと,それぞれが固有の地を用いる〈(がく)〉〈神楽かぐら)〉〈羯鼓(かつこ)〉〈鷺乱(さぎみだれ)(《鷺》)〉〈猩々乱(《猩々》)〉〈獅子(《石橋(しやつきよう)》)〉〈乱拍子(《道成寺》)〉などの2種がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まいごと【舞事】

能の小段(曲の構成単位)の一。シテが囃子はやしのみの伴奏で形式化された舞を舞う部分。序の舞・中の舞・早舞・破の舞・神舞・神楽・乱みだれなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の舞事の言及

【猿楽】より

…およそ,近江猿楽は幽玄,大和猿楽は物まねを,その体質としてもち,理念としてもそれを提唱したのである。大和の観阿弥・世阿弥父子は,1375年(永和1),京洛今熊野の演能で,足利義満に見いだされてからは,室町御所に勤仕し,北山文化圏に参画すべく,大和猿楽本来の物まね芸を根幹としながら,幽玄的理念を具現しようとする志向をことさら強くし,意味を即物的に表現する所作的なハタラキ(働)に,舞踊的な舞の手ぶりを加え,現行の舞事(まいごと)(序ノ舞,神舞(かみまい)など)の祖型を近江猿楽からとり入れるなどした。そして,いわゆる〈複式夢幻能〉(夢幻能)を生み出していった。…

【能】より

…シテ方が詩的・歌舞的・曲線的な技法をとるのに対し,ワキ方は散文的・現実的・直線的な技法で応ずるので,舞台に厚みが増すのである。ワキ方は面を用いず,したがって現在体の男体(なんたい)の役にだけ扮し,また舞事(まいごと)を舞わない。能本の中の各人物は,それぞれにふさわしい技法という点でシテ方,ワキ方,狂言方にふり分けられている。…

【呂中干】より

…〈呂・中・干・干ノ中〉と呼称する音高や旋律の異なる4句から成る。細部の違いはあるが,〈序ノ舞〉〈真ノ序ノ舞〉〈中ノ舞〉〈天女ノ舞〉〈早舞(はやまい)〉〈男舞〉〈神舞〉〈急ノ舞〉〈破ノ舞〉など多くの舞事(まいごと)に用いられる。表に,一噌(いつそう)流の〈中ノ舞〉の〈呂中干ノ地〉を唱歌(しようが)で示す。…

※「舞事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舞事の関連キーワード下ろし・卸し三段ノ舞序の舞三番叟獅子舞下ろし十訓抄獅子物舞・儛舞囃子カカリ破の舞素囃子中の舞舞働きオロシ急の舞小段乱れ素声

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android