コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台風 ぶたいかぜ

大辞林 第三版の解説

ぶたいかぜ【舞台風】

劇場で幕が上がる時、人いきれなどで気温が上昇している客席に向かって舞台から吹き出してくる冷たい風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舞台風
ぶたいかぜ

劇場で幕があがったとき、舞台から観客席に吹き降りてくる冷たい人いきれなどで熱気を帯びている客席と、温度の低い舞台との間の対流によって吹く。空気調節のよく行われている劇場では、この風はあまり目だたない。舞台風は、幕やカーテン一枚でも室内の気流を大きく変えることができることを物語っている。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

舞台風の関連キーワード佐々木しんじゅ藤田千代美真壁かずみ大阿久隆雄高橋ひとみ花王おさむ竹村登代志黄川田将也美羽あさひ田村勝彦壬生狂言好川貴裄成瀬勝也山口泰央小原初美草笛雅子平井雅士谷本充弘有馬稲子一倉千夏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞台風の関連情報