コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空宇宙産業 こうくううちゅうさんぎょうaerospace industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空宇宙産業
こうくううちゅうさんぎょう
aerospace industry

各種航空機,ミサイル,宇宙船打上げロケット,宇宙船 (人工衛星) ,宇宙探測機器類などの生産にかかわる産業の総称。航空および宇宙関係の工学および技術は,ここ数十年来,急速な発展をとげた。軽金属など材料の発達,多量生産方式の発展,軽量小型で高性能の計器類,電子装置,特に電子計算機の発達などは,すべて航空宇宙開発に伴って促進されたものである。航空宇宙産業を発展させることは,単に新しい航空機や宇宙船を開発する能力を向上させるだけでなく,関連分野の工学および技術の水準を高めることになる。このため先進諸国では,国策として航空宇宙産業の育成に力を入れている。航空宇宙産業は巨額な資金を要し,また一国の需要では自立が困難であることなどの理由からアメリカ,ヨーロッパ,日本の国際的な共同開発事業も盛んに行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

航空宇宙産業

航空機やロケット、人工衛星などをつくる産業。航空機に使われる部品は約300万点で、自動車の100倍と裾野が広く、今後の成長も見込まれる。2010年度の国内の生産額は1・3兆円で、東海地方は5割を占める。しかし自動車の国内生産47・3兆円と比べるとまだ小さい。

(2012-10-05 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

航空宇宙産業の関連キーワードサクラメント(アメリカ合衆国)フリードリヒスハーフェンハンティントンビーチ全米自動車労働組合ロケットシステムワシントン(州)シテドレスパス岐阜県各務原市ワシントン大学総合特区制度サクラメント非鉄金属工業ロサンゼルスチタン精錬業ミュンヘン陝西(省)サンベルトフロリダ州オーランドコロンビア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航空宇宙産業の関連情報