船主責任相互保険組合(読み)せんしゅせきにんそうごほけんくみあい(英語表記)Protection and Indemnity Association

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船主責任相互保険組合
せんしゅせきにんそうごほけんくみあい
Protection and Indemnity Association

船舶や積荷の航海中の事故について,海上保険契約では通常引受けられることのない賠償責任や費用などを填補する目的で,船主または用船者が一定の負担金を醵出して結成している互助的な保険組合。イギリスにおいて発達したもので,P&Iクラブと略称され,その保険をP&I保険ともいう。担保する危険は,船舶運航上の過失によって生じた過失船主責任から法令に基づく無過失船主責任にまで及び,衝突の際の人命損傷に対する賠償金,船員の傷病に対する責任と費用,汚損海面清掃費用,その他きわめて広範な船主責任を填補するが,まだすべてを担保するまでにはいたっておらず,タンカーの油濁責任についてはP&Iクラブ以外の国際民間協定による基金に依存している。日本でも 1950年,船主相互保険組合法に基づき日本船主責任相互保険組合が設立されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんしゅせきにんそうごほけんくみあい【船主責任相互保険組合】

船舶所有者または運航者が船舶の運航にともなってこうむる責任,損失および費用等で通常の海上保険業者が塡補(てんぽ)しないものを互助的にカバーするために船主間に発達した保険組合で,P & Iクラブprotection and indemnity insurance clubとも呼ばれる。P & Iクラブ発祥の地はイギリスであり,現在でもイギリスは世界のP & I保険市場の中心地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android