コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船外機艇(読み)せんがいきてい(英語表記)outboard motorboat

百科事典マイペディアの解説

船外機艇【せんがいきてい】

エンジンとプロペラを一体として船尾に装備し(船外機),取りはずし自由にした小型モーターボート。舵(かじ)をもたず機関部と推進部,または推進部だけの方向を変えて操舵する。機関は1〜150馬力程度でおもに2サイクルガソリンエンジンが用いられ,浅喫水艇で,競走用,漁業用,レジャー用,救命用などがある。
→関連項目ハイドロプレーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の船外機艇の言及

【モーターボート】より


[エンジン]
 エンジンおよび推進装置の配置により,船外機(アウトボードエンジン),船内外機(インボード・アウトドライブエンジン)と船内機関(インボードエンジン)の3種に大別される(図2)。船外機は長さ6m以下クラスの小型ボートに多く用いられ(この形式のモーターボートを船外機艇ともいう),船体船尾部の外側に取り付けられる。2サイクルガソリンエンジンを用いるのがふつうで,エンジンの下部にドライブ機構が装着されており,船外機全体を回転させることにより船を旋回させる。…

※「船外機艇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android