コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船尾灯 センビトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船尾灯
せんびとう
stern light

船が備える船灯の一つ。なるべく船尾端に近く設置し、船尾側135度すなわち船の両舷(りょうげん)船尾各67.5度の範囲を照らす白色の灯火。この灯火を見て近づく他の船、すなわち追い越し態勢にある船に対して、その存在位置と航行する方向とを示し、追い越し船に適切な航法をとらせる役割をもつ船灯である。[岩井 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

船尾灯の関連キーワード航海灯・航海燈航海灯岩井

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android