コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井 いわい

9件 の用語解説(岩井の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩井
いわい

茨城県南西部,坂東市南部の旧市域。利根川左岸にある。 1972年市制。 2005年猿島町と合体して坂東市となった。常陸台地の南西部を占め,古くは石井郷 (いわいごう) といい,『将門記』の石井営所 (猿島の偽宮) があったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

岩井
いわい

千葉県南部,南房総市北西部の旧町域。 1928年町制施行。 1955年平群村と合体して富山町に,2006年富浦町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。東京湾湾口に臨み,民宿や臨海学校が多く,夏季は海水浴客でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐い〔いはゐ〕【岩井/石井】

岩の間からわき出る泉を井としたもの。
「―汲むあたりの小笹(をざさ)玉こえてかつがつ結ぶ秋の夕露」〈新古今・夏〉

いわい【岩井】[地名]

茨城県南西部にあった市。平成17年(2005)に猿島(さしま)町と合併して坂東(ばんどう)市となった。→坂東

いわい【岩井】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「岩井」姓の人物
岩井俊二(いわいしゅんじ)
岩井半四郎(いわいはんしろう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

岩井

岡山県苫田郡鏡野町、氷ノ山後山那岐山国定公園内にある湧水。1985年、環境庁により名水百選のひとつに選定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩井の言及

【水上[村]】より

…熊本県南東部,球磨(くま)郡の村。人口2919(1995)。九州山地の中央部,球磨川の最上流域に位置し,県の最高峰市房山(1722m)が宮崎県境にそびえる。球磨川が村域中央を南流し,湯山川との合流点に多目的ダムの市房ダムがある。中心集落は国道388号線が通じる岩野。米作のほか茶,シイタケ,クリの栽培と畜産などが行われ,村域の大部分を占める山林から良材を産する。市房ダム周辺は市房山県立公園として整備され,キャンプ場,サイクリングコースもあり,桜,紅葉の名所となっている。…

※「岩井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩井の関連情報