コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機関士 キカンシ

3件 の用語解説(機関士の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかん‐し〔キクワン‐〕【機関士】

船舶・機関車・航空機などの機関を運転・整備する乗員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きかんし【機関士】

鉄道の、機関車の運転・整備を行う職員。
船舶の、機関の運転・整備を行う職員。海技士(機関)の資格を必要とする。 → 航空機関士

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機関士
きかんし

鉄道、船舶、航空機などの交通手段(運搬具、動力)の運転・操縦にあたる交通事業の職種である。
(1)鉄道機関士 国鉄時代には機関士、電気機関士の職名であり、機関車の運転および運転整備が主たる職務であったが、1987年(昭和62)の分割・民営化以降のJR各社では呼称を「運転士」と改め、新幹線電気車、甲種電気車、甲種内燃車、甲種蒸気機関車に資格が分類されている。職務内容は、運転業務のほかにワンマン化の進展で車掌業務にも拡大している。
 民鉄(私鉄)でも同様にかつては機関士、電気機関士の職名であり、機関車の運転および運転整備が主たる職務であったが、機関車が牽引(けんいん)する貨物列車が廃止され、旅客列車の多くが電車や気動車に置き換えられたため、その職務は列車の運転士に引き継がれている。職名としての機関士は、電車化された時点で使用されなくなった。
 列車の運転士となるには、JR、民鉄ともに運輸系業務員に採用されたのち、駅員、車掌などを経て運転適性を満たすことが要件である。動力車操縦者養成所での教育、国家資格の取得後に、現場における見習い期間を経るのが通例である。かつての国鉄では、機関士になるためには、上記の要件のほかに、鉄道学園での6か月間の教育、機関士としての3年間の実務、そしてふたたび鉄道学園での6か月間の教育を要していた。
(2)船舶機関士 職務は、船の機関(エンジン)の運転・整備のほか、船内の発電機や冷凍機、荷役作業機械、船内生活に直接必要な機関・電気関係機器の管理などである。機関長(チーフ・エンジニア)が機関部最高責任者として船長を補佐し、一等機関士(ファースト・エンジニア)、二等機関士(セカンド・エンジニア)、三等機関士(サード・エンジニア)を統率する。船舶の機関士になるには、船舶職員及び小型船舶操縦者法により海技士(機関)の国家試験に合格することが要件である。外航船は外国人との混乗が多いため、英語堪能が必須(ひっす)条件となる。
(3)航空機関士 航空機に乗務し、エンジンをはじめ機器類の管理などを主たる職務としている。1990年代から航空業界では種々の合理化に伴い、機関士へのパイロットとしての能力付与(イン・キャパシティ化)訓練を行う一方、そもそも機関士を必要とする機材が徐々に引退していった。この結果、2009年(平成21)7月以降、日本では航空機関士の職種は事実上なくなった。[松尾光芳・藤井秀登]
『国土交通省鉄道局監修『注釈 鉄道六法』各年版(第一法規出版) ▽海事法令研究会編、国土交通省海事局監修『海運六法』各年版(成山堂書店) ▽国土交通省航空局監修『航空六法』各年版(鳳文書林出版販売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

機関士の関連キーワード液冷式機関貴院機関室キャブ航空機関士高速機関乗務乗務員運転区テンダー機関車

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機関士の関連情報