良宵(読み)りょうしょう

精選版 日本国語大辞典「良宵」の解説

りょう‐しょう リャウセウ【良宵】

〘名〙 よい晩。気持のよい夜。晴れた、ながめのよい夜。また、めでたい晩。《・秋》
※文華秀麗集(818)中・奉和秋夜書懐之作〈仲科善雄〉「感発良霄寐久、況乎聞鴈白雲天」
※春雨文庫(1876‐82)〈和田定節〉九「宛然(さながら)鏡の如く冷光舩を襲ひて亦と得がたき良宵(リャウセウ)なり」 〔李白‐友人会宿詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「良宵」の解説

りょう‐しょう〔リヤウセウ〕【良宵】

よい晩。晴れて気持ちのよい夜。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android