(読み)リョウ

デジタル大辞泉「良」の解説

りょう【良】[漢字項目]

[音]リョウ(リャウ)(漢) ロウ(ラウ)(呉) [訓]よい
学習漢字]4年
質がよい。不純なところがない。すぐれている。「良好良策良識良質良心良品良風良導体温良佳良改良最良純良精良善良忠良不良優良
愛情がある。やさしい。「良人(りょうじん)
[名のり]あきら・お・かず・かた・さね・すけ・たか・つかさ・つぎ・なおし・なが・ながし・はる・ひこ・ひさ・ふみ・まこと・み・よし・ら・ろ
[難読]良人(おっと)野良(のら)倍良(べら)

りょう〔リヤウ〕【良】

状態・質などがよいこと。「馬場状態は
学校の成績評価で、下位、可の上位。三段階評価の中位

ろう【良/糧】[漢字項目]

〈良〉⇒りょう
〉⇒りょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「良」の解説

りょう リャウ【良】

〘名〙
① よいこと。すぐれていること。また、そのもの。〔書経‐仲虺之誥〕
令義解(718)「凡官戸。陵戸家人。公私奴婢。与良人夫妻。所生男女。不情者従良」
③ 成績を評価することばの一つで、優に次ぐもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android