良心の大使賞(読み)りょうしんのたいししょう(英語表記)Ambassador of Conscience Award

知恵蔵miniの解説

良心の大使賞

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが授与する人権賞。2003年に創設され、自らの生き方を通して人権への理解を深めた個人や団体に贈られる。歴代の受賞者には、南アフリカの大統領を務めた故ネルソン・マンデラやアイルランドのロックバンドであるU2、後に最年少ノーベル平和賞受賞者となったパキスタンマララ・ユスフザイなどがいる。12年には長年、人権擁護や非暴力民主化運動に取り組んできたミャンマーアウンサンスーチーに授与された。だが、16年に同氏が文民政権の事実上の最高指導者となって以来、少数派イスラム教徒であるロヒンギャへの迫害を見過ごすなど、政治的な権威を人権擁護のために行使していないと判断したアムネスティは、18年11月に授与を取り消した。

(2018-11-15)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良心の大使賞の関連情報