コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良応入道親王 りょうおうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(良応入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良応入道親王 りょうおうにゅうどうしんのう

1678-1708 江戸時代前期-中期,後西(ごさい)天皇の第11皇子。
延宝6年6月8日生まれ。母は藤原定子(ていし)。貞享(じょうきょう)4年親王となったのち,良尚入道親王を戒師として得度,京都曼殊院の門跡(もんぜき)となる。宝永5年6月21日天台座主(ざす)となり,同日死去。31歳。円妙院と追号された。幼称は勝宮(かつのみや)。俗名は勝明(かつあき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良応入道親王の関連キーワード田村建顕タイソンイギリス音楽和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂十文銭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone