コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良応入道親王 りょうおうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良応入道親王 りょうおうにゅうどうしんのう

1678-1708 江戸時代前期-中期,後西(ごさい)天皇の第11皇子。
延宝6年6月8日生まれ。母は藤原定子(ていし)。貞享(じょうきょう)4年親王となったのち,良尚入道親王戒師として得度,京都曼殊院の門跡(もんぜき)となる。宝永5年6月21日天台座主(ざす)となり,同日死去。31歳。円妙院と追号された。幼称は勝宮(かつのみや)。俗名は勝明(かつあき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良応入道親王の関連キーワード藤原定子(2)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android