良知を致す(読み)りょうちをいたす

精選版 日本国語大辞典の解説

りょうち【良知】 を 致(いた)

正しい心のはたらきを究極まで発現させる意。明の王陽明が、陽明学の最も根元的な指針としたもの。致良知(ちりょうち)
※童子問(1707)下「若無欲主静・持敬・致良知之説、是已」 〔伝習録‐中・答顧東橋書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる