コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝習録 でんしゅうろくChuan-xi-lu

6件 の用語解説(伝習録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝習録
でんしゅうろく
Chuan-xi-lu

中国,明の思想家王陽明の思想を伝える基本文献。上,中,下3巻。書名は『論語』学而編の「伝不習乎」による。門弟の徐愛,陸澄,薛侃 (せっかん) が集めた陽明の語を,正徳 13 (1518) 年,陽明 47歳のときに薛侃が刊行したが,これが現在の上巻にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんしゅうろく〔デンシフロク〕【伝習録】

中国代の王陽明の語録。3巻(うち中巻は書簡集)。上巻は1518年刊。中・下巻は死後の編。王陽明の思想・人間性を知る基本的な書物。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伝習録【でんしゅうろく】

中国,明の王守仁(陽明)の語録,書簡集。門人徐愛の記録した14条をもとに以後増補,1556年に3巻の現行本(銭徳洪編)が完成。《論語》学而編の〈伝不習乎〉をとって書名とした。
→関連項目三輪執斎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんしゅうろく【伝習録 Chuán xí lù】

中国,明代の思想家,王守仁(陽明)の語録,書簡を編集したもの。1518年(正徳13)に薛侃(せつがん)が刊行したのが最初で,語録のみであった。今日流布しているのは銭徳洪編《王文成公全書》所収の3巻本である。王陽明,陽明学の思想を知るためには不可欠の重要な文献である。上巻は40歳代の語録,中巻は主に50歳代の書簡,下巻は主に50歳代の語録。日本では,三輪執斎《標註伝習録》が広く読まれ,陽明学の普及に大きな貢献を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんしゅうろく【伝習録】

王陽明の語録および書簡集。三巻。1518年に門人の徐愛らが編集刊行。56年に銭徳洪が増補。陽明学の大綱をうかがうことができる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝習録
でんしゅうろく

陽明学の祖、王陽明(守仁(しゅじん))の門人との問答および論学の書翰(しょかん)を集録した書。現行三巻。陽明思想の中核をよく表す。現行の形態になったのは、1572年(隆慶6)『王文成公全書』に収録されて以降である。上巻語録は徐愛(じょあい)ら門人による記録で、陽明47歳(1518)のとき、彼の親覧を経て出版されたもの。心即理、知行合一(ちこうごういつ)など、陽明41~47歳ごろの思想を伝える。中巻の書翰は南大吉(なんだいきつ)の編纂(へんさん)したものを銭徳洪(せんとくこう)が削除訂正を加え、自ら編纂した下巻語録とともに刊行したもの。それらが『王文成公全書』に収録される際に、三巻に配当されたのである。中・下巻は陽明死後に編纂されたもので、陽明の手は加わっていない。致良知(ちりょうち)などおもに晩年に確立された思想が展開されている。[杉山寛行]
『溝口雄三訳『伝習録』(『世界の名著 続4 朱子/王陽明』所収・1974・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone