コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

致良知 ちりょうちZhi-liang-zhi

4件 の用語解説(致良知の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

致良知
ちりょうち
Zhi-liang-zhi

中国,明の思想家,王陽明の中心学説。『大学』の「致知」の「知」を『孟子』尽心上編の「良知」で解釈した説。陽明 49歳のとき,教導のスローガンとして掲げられた。これにより,47歳の年に成った『大学古本序』も改定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐りょうち〔‐リヤウチ〕【致良知】

良知を最大限に発揮させること。良知はもと孟子の唱えたもので、王陽明はこれを陽明学の根本的な指針とした。→良知

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちりょうち【致良知】

陽明学の主要命題。人間の先天的道徳的知覚力・判断力を発揮せよという説。良知を致す。 → 良知

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

致良知
ちりょうち

陽明(ようめい)学の祖、王陽明(守仁(しゅじん))晩年の思想を表す用語。良知を推し究め発現すること。古来『大学』の格物致知についての解釈はさまざまあった。王陽明は「格」を「正す」と読み、格物とは心の不正を正すことだとした。致知については、「知」を「良知」と解釈して、心に本来具有している良知を拡充、発揮することだと考えた。朱子(朱熹(き))は「知」を知識と解して、致知とは知識を推し究めすべてを知り尽くすことだとする主知主義の立場をとった。それに対して、王陽明は、朱子の態度を知識の量的拡大だけを求めるものとして批判し、人間の心の生命力あふれる働きを重視したのである。『孟子(もうし)』にみえる良知は、王陽明によって、道徳的行為の基準であり、善悪を知って不善を退けようとする道徳意識である、とみなされた。したがってそこでは知識を外に求める必要はなく、さらに晩年には心の不正を正すことよりも、良知が本来もっている姿を自覚し、それを発現することがもっとも重要とされていったのである。[杉山寛行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の致良知の言及

【中国哲学】より

…したがって,いたずらな読書などは有害無益であるとする。王陽明によれば,人間の心には先天的に良知が備わっており,この良知を極め尽くすこと,すなわち〈致良知〉が聖人に至る道である。さらに知の意味を説いて,単なる見聞の知は真の知ではなく,行を通じてのみ真の知となるという〈知行合一〉の説を唱えた。…

※「致良知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

致良知の関連情報