コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良順 りょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良順 りょうじゅん

1378-1421 室町時代の僧。
永和4=天授4年生まれ。二条師良(もろよし)の子。天台宗。道順(どうじゅん)について出家し,京都曼殊院門跡(もんぜき)をつぐ。応永16年(1409)から18年まで天台座主(ざす)をつとめた。応永28年2月12日死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良順の関連キーワードJ.L.C. ポンペ・v.M.近藤 坦平橋本 綱常河井継之助長崎養生所福原 有信西洋医学所長谷川 泰9月17日6月16日大磯[町]沖田総司司馬凌海石黒忠悳岡部長常江木千之奥田達士佐藤尚中松本良順戊辰戦争

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良順の関連情報