コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艶物 ツヤモノ

3件 の用語解説(艶物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つや‐もの【艶物】

義太夫節で、世話物のうち特に男女間の恋愛・情事を主題とした語り物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つやもの【艶物】

日本音楽用語。おもに義太夫節の曲の分類上(曲種)の用語。艶っぽい内容の曲,すなわち恋愛場面を指す。したがって美音の太夫が優艶に感情をこめて語ることになる。竹本摂津大掾などこうした場面を語るのを得意とする太夫を艶物語り,艶語りと称する。また,三味線も優しくきれいな音色で弾くことが要求される。《本朝廿四孝(ほんちようにじゆうしこう)》の〈十種香の段〉などが代表的な曲としてあげられる。【井野辺 潔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つやもの【艶物】

浄瑠璃などで、男女の恋愛・情事を扱った語り物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone