艷色(読み)えんしょく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① つやのある美しい顔色。あでやかな容貌。また、そういう女性。
※三代格‐三・貞観五年(863)九月二五日「或貪艷色而姧婢」
※私聚百因縁集(1257)九「其身殊に艷色(エンショク)を事とし、歌を用る道とせりと云とも」 〔陶潜‐間情賦〕
② つやのある美しい色。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)九月七日「邦通献菊花。〈略〉芬芬得境、艷色満籬」
③ 世俗的な情念、趣好。
※蔭凉軒日録‐長祿二年(1458)三月一日「比丘尼寺禁法条々、〈略〉一 沈麝香嗜艷色

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android