コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝居囃子日記 しばいはやしにっき

世界大百科事典 第2版の解説

しばいはやしにっき【芝居囃子日記】

歌舞伎囃子方6世田中伝左衛門の筆録。成稿年代不詳。江戸三座由緒書と55章の本文から成り,江戸歌舞伎の囃子を中心とする慣行,故事,逸話,秘伝などが詳記された貴重な資料である。ただし原本は伝存せず,2系統の伝本が認められる。(1)11世杵屋(きねや)勘五郎の写本(亡失)が3世杵屋六四郎に伝えられたものを町田嘉章が1924年に筆写した町田本。(2)関根只誠が《戯場年表》《歌舞伎道成寺考》に引用したもの(原本は伝存せず)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

芝居囃子日記の関連キーワード杵屋六左衛門(11代)田中伝左衛門(6代)杵屋勘五郎(3世)