コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根只誠 せきね しせい

2件 の用語解説(関根只誠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根只誠 せきね-しせい

1825-1893 江戸後期-明治時代の演劇研究家。
文政8年生まれ。幕府の魚御用達(ごようたし)をつとめる。読書をこのみ,おおくの珍書を収集,演劇通で劇神仙と称されひろく知られた。没後に編著「名人忌辰録(きしんろく)」「演劇叢話(そうわ)」「戯場年表」などが刊行された。明治26年4月18日死去。69歳。江戸出身。名は正亮。通称は松屋七兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

関根只誠

没年:明治26.4.18(1893)
生年:文政8(1825)
幕末から明治中期の演劇研究家,珍書収集家。江戸生まれ。本名七兵衛。只誠は号。他に東紫,木公楼,劇神仙の号がある。江戸幕府の御魚御用を勤め,松屋と称したので「松庄」とも呼ばれた。維新後は本郷日蔭町に住んだ。幼時から歌舞伎を好み,また花街では粋客との評判が高かった。膨大な数の編著を残す。河竹黙阿弥,石塚豊芥子,岩本活東子,小中村清矩,大槻如電,仮名垣魯文ら当時第一級の文化人と親交があった。子に,国文学者,故実研究家,教育者として著名な関根正直,演劇・芸能の研究家だった関根黙庵がある。代表的な編著に『誠埃只録』『戯場年表』『名人忌辰録』『演劇叢話』などがある。<著作>『東都劇場沿革誌料』(歌舞伎資料選書)

(服部幸雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の関根只誠の言及

【芝居囃子日記】より

…(1)11世杵屋(きねや)勘五郎の写本(亡失)が3世杵屋六四郎に伝えられたものを町田嘉章が1924年に筆写した町田本。(2)関根只誠が《戯場年表》《歌舞伎道成寺考》に引用したもの(原本は伝存せず)。(1)と(2)のあいだには本文の異同がある。…

※「関根只誠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

関根只誠の関連キーワード東京大学アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧植田乙次郎関根只誠ミシンウェルナー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone