コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根只誠 せきね しせい

2件 の用語解説(関根只誠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根只誠 せきね-しせい

1825-1893 江戸後期-明治時代の演劇研究家。
文政8年生まれ。幕府の魚御用達(ごようたし)をつとめる。読書をこのみ,おおくの珍書を収集,演劇通で劇神仙と称されひろく知られた。没後に編著「名人忌辰録(きしんろく)」「演劇叢話(そうわ)」「戯場年表」などが刊行された。明治26年4月18日死去。69歳。江戸出身。名は正亮。通称は松屋七兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関根只誠

没年:明治26.4.18(1893)
生年:文政8(1825)
幕末から明治中期の演劇研究家,珍書収集家。江戸生まれ。本名七兵衛。只誠は号。他に東紫,木公楼,劇神仙の号がある。江戸幕府の御魚御用を勤め,松屋と称したので「松庄」とも呼ばれた。維新後は本郷日蔭町に住んだ。幼時から歌舞伎を好み,また花街では粋客との評判が高かった。膨大な数の編著を残す。河竹黙阿弥,石塚豊芥子,岩本活東子,小中村清矩,大槻如電,仮名垣魯文ら当時第一級の文化人と親交があった。子に,国文学者,故実研究家,教育者として著名な関根正直,演劇・芸能の研究家だった関根黙庵がある。代表的な編著に『誠埃只録』『戯場年表』『名人忌辰録』『演劇叢話』などがある。<著作>『東都劇場沿革誌料』(歌舞伎資料選書)

(服部幸雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関根只誠の言及

【芝居囃子日記】より

…(1)11世杵屋(きねや)勘五郎の写本(亡失)が3世杵屋六四郎に伝えられたものを町田嘉章が1924年に筆写した町田本。(2)関根只誠が《戯場年表》《歌舞伎道成寺考》に引用したもの(原本は伝存せず)。(1)と(2)のあいだには本文の異同がある。…

※「関根只誠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関根只誠の関連キーワード林順亮明暗流舎密珍書五港秋庭太郎飯塚友一郎小林源次郎高井計之助若月紫蘭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone