芦田修正(読み)アシダシュウセイ

  • ×芦田修正
  • あしだしゅうせい〔シウセイ〕

デジタル大辞泉の解説

昭和21年(1946)年8月、憲法改正草案を審議する日本政府憲法改正小委員会において委員長芦田均が第九条二項冒頭に「前項の目的を達するため」という文言を挿入する修正を行ったことを指す。→日本国憲法第九条
[補説]修正の意図は明らかにされていないが、これによって自衛権保持や国際安全保障への参画が可能になったとする見方もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芦田修正の言及

【芦田均】より

…第2次大戦の遠因と近因を解明する内容の《最近世界外交史》《第二次世界大戦外交史》を著した。この外交史の把握が背景となって,戦後,日本国憲法第9条に自衛権を認めさせる含意の〈芦田修正〉がなされている。リベラリストとしての評価を受けた芦田は占領体制下の政界で活躍した。…

※「芦田修正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android