コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芬芳 フンポウ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐ぽう〔‐パウ〕【×芬芳】

よい香り。また、よい香りをただよわせること。
「三春の花も凋落の夕(ゆうべ)には―の香り早く失せて」〈露伴・二日物語〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんぽう【芬芳】

( 名 ・形動ナリ )
よい香り。また、よい香りを発するさま。 「花草の-なるもの/西国立志編 正直
( 名 ・形動タリ )
に同じ。 「花なけれども-たり/緑簑談 南翠

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

芬芳の関連キーワード分・刎・吻・噴・墳・奮・忿・憤・扮・焚・粉・糞・紛・芬・雰南翠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android